どうやって運気をあげる?

運気を上げるにはどうすれば良いのか?占い師に相談してみましょう。 - 中国から伝わる占い

中国から伝わる占い

どうして占いには中国から伝わるものが多いのでしょうか?

【長い歴史をもつ中国】

陰陽説や、五行説というように、昔から中国は医療などもこれらを当てはめて治療をしてきてきました。
西洋と違うところはいかに自然治癒力を高めていくか、という点を重視して先祖代々受け継がれてきたのです。
そして、治療をしていく中で、医療の一環として、占いというものも取り入れられた事から、重要視されるようになったといわれています。

【生命のデータが重要】

中国で占う方法では生まれた月日や時間や出生地といった生命の誕生時のデータがとても重要視されています。
それは、その人が誕生したという証である証拠から様々な情報を入手する事が出来る為です。
その情報で、性格や過去、未来または、前世、来世もみる事が出来るので、説得力もある事になります。

【占い師はシャーマン】

昔の時代では占い師というよりはシャーマンと呼ばれ、霊媒師に近い存在に人でした。
全ての人からも尊重され、シャーマンの言う事は絶対だ!とかなりの信頼があったのです。
人をみるだけでなく、天候、災害なども占う事が出来たので、人々の生活を助ける役割を担っていました。
今でもシャーマンと呼ばれている人はいますし、日本にもいるかもしれませんが、昔のどの位置にはいません。
様々なテクノロジーの発達と共にシャーマンの重要性も衰退したと考えられますが、勿論、今でもたくさんの人を助けている事には変わりないでしょう。

関連する記事