風俗求人と言っても、必ずしも女性だけを募集しているとは限りません。
ときどき、ウェブサイトで男性スタッフの募集の広告を目にすることがあります。
アベノミクス効果で風俗産業も活発になってきて、こういう仕事も増えているのかもしれませんね。
男性スタッフの仕事とは一体どんなものか、ちょっと興味があります。

風俗でもサービス業

セクシー風俗嬢
風俗といえども基本的にはサービス業ですから、接客とか営業スマイルは不可欠でしょう。
顧客管理とか事務処理とか裏方的な仕事もできなければいけません。
そして、何よりも欠かせないのが女性スタッフを集めること。
女の子がいなければ仕事になりませんから。
たまに繁華街で若い女の子に声をかけている黒服がいますが、おおよそイケメンが多いような気がします。
ナンパに自信があれば、けっこう向いている仕事かもしれません。
しかし、考えてみるとオールマイティにいろんな能力が求められる仕事ですね。
あまり見聞きしたことはありませんが、中には女の子ともめ事を起こすお客さんもいるかと思います。
そういった人の応対をするとなると、気弱な人間では務まりません。
一見、女の子がいっぱいいて楽しそうな職場に思えますが、気軽に誰にでもできるという仕事ではなさそうです。
たまに首都圏に用事があって出かけたときなんかに、同僚と一緒に風俗店に行くことがあります。
私が住んでいる地域にはそういう店がほとんど無いので、ついつい張り切ってリサーチするのですが、デリヘル、イメクラ、ソープなど探してみると本当にいろんな種類のサービスと、数えきれないほどの業者があるんですよね。
百人近い女の子が在籍している店もあれば、十人くらいの小規模でやっている店もあります。でも、働いている女の子すべてを数えれば、すごい人数の女の子が風俗の仕事に携わっているとわかります。
全体の規模が大きいわけですから、中には、なんでこんなに可愛い子がこんな店で働いているんだろう、なんて思うような女の子もたまにいるんです。
残念ながら、そういう女の子は人気が高くてなかなか指名できないんですけどね。
そんなに人気のある子なら、一日店に出るだけでもけっこうな高収入になるのかもしれません。
平均的に見ても一昔前と比べると、風俗で働いている女の子のレベルはかなり上がっているように感じます。
女の子の質もサービスの質も両方で。長期で働いている子もいれば、すぐに辞めてしまう子もいます。
そう考えると、この業界もけっして楽に稼げる世界ではないのかもしれませんね。

風俗店で最も客が来店する時間帯

風俗嬢
風俗を利用する男性でいちばん多いのは仕事帰りのサラリーマンではないかと思います。
私も仕事終わりに、ちょっと気分転換をしたくてたまに利用するのですが、もっとも込む時間帯は午後6時から8時ごろだと思います。
特に金曜日は人が多くて、予約なしで行った場合なんか、一時間近く待たされることもあります。
風俗店にしても、ちょうど金曜日のこの時間がもっとも稼ぎ時とよく心得ていて、店に並ぶ女の子の顔ぶれも多くなります。
繁盛店であれば、ひっきりなしに指名が入るから、女の子にしてもまさに稼ぎ時と言えるでしょう。
逆に、平日の昼に来るお客さんは少ないですから、指名されるのをずっと待っていなければいけません。
これでは、女の子にしても効率よく稼ぐのは難しいでしょう。
この金曜日のもっとも込む時間だけ、店に出ているような女の子もいます。
そういう子は人気もあってなかなか指名できないのですが、効率のよいやり方といえるでしょう。
一日だけ店に出て、他の日は普通にOLをやっているという女の子は多いです。
生活費のためという子もいれば、買い物を楽しみたいから、という理由で働いている女の子もいます。
一日体験入店みたいな制度をとっている店舗もありますから、話を聞くだけでも損はないと思います。